「 投稿者アーカイブ:fm 」 一覧

100 GREAT SYMPHONIES (Limited) (56CD)

the 100 GREAT SYMPHONIES

2015/05/08   Media

世界の人が選ぶ100大シンフォニー クラシック音楽ファンが選んだ100曲、レコード会社でも評論家でない・・・たいせつなこと。

Adams: Gospel According to the Other Mary

愛人たちが見た受難劇 ドゥダメル、LAフィル / アダムズ:The Gospel According To The Other Mary - Deutsche Grammophon 479 2243

2014/03/12   Media

イエス・キリストには3人のマリアの存在がつきまとっています。
ジョン・アダムスの世界初演の録音となるこの福音書の音楽は、彼女らの視点からイエスの受難を問うています。これはむしろジョンとピーター。作曲家と作詞家の作り上げた新しい福音といえるでしょう。

Carnaval Des Animaux

俺が死ぬまで演奏するな お堅いあの方にこんなユーモアが 著作権の擁護者のパロディ - アルゲリッチ / サン=サーンス:動物の謝肉祭 Philips 416 841-1

2014/01/24   Media

象は「妖精の踊り」を半分の鈍さで演奏させ駆けっこの音楽は亀に。名曲たちを鳥かごや水槽に押し込んで果ては自分の曲は化石にしてしまう。大ピアニストにはド下手に弾くように。演奏者まで皮肉ってしまっている。でも、その真の想いとは・・・それぞれ一人の奏者で演奏された室内楽版。アルゲリッチ、クレーメル、マイスキーらの愉快な音楽会。

ブーレーズ、シカゴ響 ストラヴィンスキー:春の祭典、火の鳥 DG 471741

2014/01/19   Media , , ,

イントロのファゴットのフレーズからして丁寧な愛撫を受けているように感じます。ピッコロのフレーズは弦楽器とのアンサンブルの頂点でぴったりと埋没せずに喘ぎ声が鳴り響いています。

テンポは慎重で反応の一つ一つを新鮮な醍醐味としている様子。ブーレーズの春の祭典は女体の造形的な異様さと美を前にして感じる恐ろしさに似ています。

Karajan Wiener Philharmoniker

カラヤン、ウィーン・フィル ブルックナー:交響曲第7番 DG UCCG9858 - SHM-CD

2013/07/10   SHM-CD

カラヤン、Vpo。ラストのブルックナーが白鳥の歌になった。英雄の生涯でも、アルプス交響曲でもなかったのは、カラヤンには似つかわしくない趣ではあるけどマーラーの5番同様に、これから先もまだまだあるぞと輝こうとするカラヤンの音楽を強く感じさせる。

チェロを花型にする音楽 そうした男、カザルスの大発見。

2013/06/03   Media

太陽にも大地にもたとえられるのは、平和だなぁと感じさせる。音楽は古いけど、それが斬新にも感じられるのだから面白い。楽器とマイクがかなり迫った録音だったろうと感じさせる、野太い音です。

小鳥がピースピースと鳴いています。といった国連会議場や、ホワイトハウスを聞いて認識しているカザルスの音と比べたら随分生気に満ちています。レコード芸術推薦盤。仏ディアパソン・ドール賞受賞。